【キャンプ】DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)のクレイジータープを購入しました(2017.07.10追記)

梅雨明けしてないのに暑いという、とても微妙な天気の今週末に2度目のキャンプに行こうとしている渡邊家です。
初キャンプで色々と学んだので、必須と思われるタープを購入しました。
購入したのはDOPPELGANGERのクレイジータープです。





タープは必須よね

僕が買ったテントは、入り口のところが屋根的に使える部分があります(キャノピーというらしい)。
ここを展開すれば一応タープ代わりになるんです。
でもキャノピーの面積はそんなに大きいものではありません。
ここの下にテーブルを広げると、テーブルの端はキャノピーからはみ出してしまいます。
さらに荷物を運ぶためのキャリーやクーラーボックスなんかは屋根のない野ざらし状態です。

前回のキャンプではたまたま幸運なことに日差しも強くなく、雨も降らなかったのでそれでも困りませんでした。
でもこの先キャンプを続けていたら、真夏には強い日差しをくらうのは想像に難くありませんし、いつ何時雨に打たれるかもわかりません。
妻や子供たちに日差しや雨は辛すぎます。
やっぱ日差しや雨から守ってくれる屋根は必要ですよね。

そこでタープの購入を検討という流れになる訳です。
キャンプを趣味とする諸先輩方に話を聞いても、全員が口を揃えてタープ設置はマストとおっしゃいます。
「てか何で最初にタープ買わないの?バカなの?」
と叱咤してくる方もあり。
本来最初に買っておくべきなんでしょうが、タープって設置がなんか難しそうという印象があって、どうも触手が鈍ってたんですよ…
あと、初心者から見るとタープって「ガチ感」が漂うアイテムというか、これ買っちゃったらもう後には引けないよね的な、敷居の高いアイテムなんです…

でも家族に日陰は作ってあげたいし、雨から守ってあげたい。
ひとつ持っておけばビーチでも使えるし、野外のイベントなんかでも(場所によっては)使えます。
今週末の天気を調べると、当初台風の接近の影響で雨とのことで、キャンプ自体を中止にしなきゃいけないか?と思ってましたが、思いの外早く台風が外れて逆に予想最高気温34℃という晴れ予報。
当然強い日差しが予想されますから、清水の舞台から飛び降りる気持ちでタープを購入することにしました。


DOPPELGANGERのクレイジータープ

DOPPELGANGER クレイジータープ

こちら を見ていただければお分かりの通り、僕のテントはド派手なパープルです。
このテントに合わせるタープとなると選択肢がかなり限られます。
巨大なパープルテントにナチュラル色のタープってのも正直色味が微妙過ぎ。
毒をもって毒を制す。
派手には派手。
ということで、テントと同じDOPPELGANGERの クレイジータープ を購入しました!


ワンタッチで設営できるタープもあって結構迷ったんですが(四隅の脚を広げていくと屋根が展開してくやつね)、せっかく買うんだったら軽くてガチなやつと思い、割とスタンダードな形のものにしました(てか初心者なんでポール立ててペグダウンするやつがスタンダードなタープだと思ってるんですが、違ってたら教えてください)。
あーあ、これでもう本格的に後には引けなくなっちゃったなー。


またしてもぶっつけ本番の設営

購入したのはいいんですが、タープが届くのは明日。
つまりキャンプ前日。
本来であれば事前に設営の練習とかやったほうがいいんでしょうけど、明日は通常通り業務ですから、練習する時間的な余裕はありません。
テントの時同様ぶっつけ本番の設営になりそうです…
やっぱタープの設営って難しそうだよね…
動画見て今からイメトレに励んで、キャンプ当日無事にタープ張れるといいなと思っております。
うまく張れたら、我が家のテントサイトはすっごく派手で目立つものになるでしょう。
予約する際に聞いた情報だと、今週末はどこぞの子供会が二組予約入っているらしく、周りはだいぶ賑やかになる模様。
どうせ子供会とか地味なテント張ってバカの一つ覚えのように肉焼いて食うんだろー?
ド派手な巨大テントにド派手なタープでトマトの煮込み料理作って羨望(奇異)の眼差し集めたるわー!(←何様


2017.07.10追記

上記の通り、先週末二回目のキャンプ決行しました!
キャンプ前のテトリスが結構楽しいです。

ファイル 2017-07-10 18 26 15
結構頭使うよね


そして今回の新アイテム、上記記載のクレイジータープ、ぶっつけ本番の設営でした。
あいかわらずテント設営は楽勝、ドキドキしながらのタープ設営です。

ファイル 2017-07-10 18 25 31
やったで!タープ張れたで!


脳内予習の成果がバッチリで、一発で張ることができました!
テントの設営と合わせても30分もかかっていないと思います。
まだまだ「タープ恐るるに足らず」とは思えませんが、やってみると案外張れるもんだなーと。
慣れたらもう少し手早く設営できるかな。
あと、ポールの角度とか経時的に変化するお天道様のことを考えて設営することも必要かなと感じました。
強い風が吹くとポールの角度によっては吹っ飛ばされると教えてもらいましたし(チョコのユースケありがとう!)、設営直後は日影が出来ていても太陽の位置は変わるんで、後で日影が無くなったなんて悲しいですもんね。
この辺は今回学習したところで次回からの課題です。

当日は予報通りの灼熱でしたから、日影ができて妻も子供たちも快適に過ごせました。
このタープの下で、こちら にエントリーしたスノーピークのローテーブルを展開し楽しいひととき。
タープの高さに比してテーブルが高すぎるなんてこともなく、圧迫感のない空間を作ることができました。
食事も終わって子供たちが就寝したら、テーブルランタン ノクターンに火を灯しつつ焚火でまったり。
タープとテーブル、そしてテーブルランタン購入して本当に良かったです。
今後キャンプを続けていくと、確実に雨に打たれるなんてこともあるでしょうから、諸先輩方の仰せのとおり有事に備えてタープ持っておくっていうのはやっぱり大事ですね。
親切心で僕にタープの必要性を訴えて頂いたにも関わらず、内心「ウゼーなー」とか思ってて本当にすいませんでした。
以後ご意見は素直に聞くように心がけます。

ちなみに僕らがサイトに入って数時間後、お隣のサイトに僕ら家族と全く一緒のテントを張るご家族!
こんなエグいテントがお隣同士なんて妙に興奮して、変な仲間意識が生まれました(おそらくお隣さんも同じ気持ちだったに違いないと思いたい)。
一気に打ち解けて写真撮らせてもらいました。
こんな出会いもあるって、キャンプっていいもんですね。
無事に二度目のキャンプも事故無く大満足で終えることができました。
次は仲良し家族と一緒に行きたいなー。

ファイル 2017-07-10 18 25 52
お隣に全く同じテント。妙な同族意識。とても嬉しい。