BMXカスタムほぼコンプリート!(2016.01.04追記)

いやー、楽しいねぇ。
購入して以来、シコシコと弄ってきたBMX。
今回は1番大掛かりなカスタムを施行。
弄るところもどんどん少なくなってきて一抹の寂しさも感じます。
しかし自分の理想にだいぶ近付き、かなり大満足!
とくとご覧アレ!!
どやっ!!!





前回までのカスタム過程

ノーマル状態



これが納車時のデフォルト、どノーマル状態。
これでも充分過ぎるほどシンプルでカッコ良い(でも今改めて見るとアクがないっすね)。
こういうの手に入れると弄り倒したくなるのが漢の性じゃないですか?
コイツをベースに、カスタム開始!

サドル



元来BMXは競技用自転車のため、サドル(シート)は快適性は完全にスポイルされた作り。
デフォルトのそれもまたしかりで、プラスチック製のとても硬めのモノでしたが、オールドBMX風にクッション性の高いモノをチョイス。

シートポスト



デフォルトはストレートなモデルでしたが、湾曲が美しい”NITTO”のシートポストをセレクト。
うーん、エロい。
なんかチョイエロオヤジ的な雰囲気を醸し出しています(この例え、分かりますか?分かり辛いですよね?私も書いててよく分かりません)。

シートクランプ



フレームとシートポストを締めるシートクランプを海外から輸入。
ノーマルのシートクランプはいい意味でスッキリ、でもなんか味気ない雰囲気で交換を決意。
肉厚のためネジを締める際は2人掛かりで締め付けるという、非常に労力のいる作業でしたが、モッコリした佇まいがとてもいい感じ。
漢ならモッコリモッコリー!
これをみたら女性もキュンッ&ジュンッってなるはず!(えっ?)

ステム



デフォルトのステムは黒光りしていてある意味漢臭さ満点ですが、ちょっと見た目が重いので、ビンテージのシルバータイプに交換。
しかし、カスタムに全面バックアップして頂いた前野は
「まだステムが重々しくね?」
と言っているため、ここは今後更に改良の余地があるところです。

グリップ



“VANS“というブランドのスニーカーをご存知でしょうか?
スケーター御用達ブランドであり、底面の模様が独特、通称”ワッフルソール”は同ブランドの代名詞。
そのワッフルソールパターンのBMX用グリップをVANSが発売しているとの事で、速攻注文。
ノーマルのグリップよりもシンプルで、昔スケボーやってた者としてはVANSのワッフルソールってだけでも大満足ですが、今回のカスタムで色味が若干浮いてるので、ここも改良の余地があるところかなーと思っています。

ペダル



ペダルは日本のメーカー”Kyokuto”のビンテージ品をチョイス。
ギンギラギンにさりげなく、往年の近藤真彦風に仕上げました(若い人は知らないですよね?)。
これはこれでとても気に入っていましたが、今回のカスタムの諸事情によりこのペダルは使えないため泣く泣くバラしました。
しかし私の強引なススメで、取引先のお医者さんが私と同じブランドの26インチBMXを御購入されるとの事で、このペダルはお譲りする事が決定しまして一安心です。


今回のカスタム

使用パーツ



今回は今までで1番大掛かりなカスタムです。
途中で追加パーツもありましたが、コイツらを組み上げます。
ほぼネットオークションでゲットしたビンテージ品。
「み・な・ぎ・っ・て・き・た」

解体作業



必要なパーツを組み上げるには、既存のパーツを取り外す必要があります。
よって私のBMXは一時的にこんな状態に。
猟奇的バラバラ殺人事件の犯人ってこんな気分なのかなー?
結構楽しーねー(棒読み)。

どハマりポイント



この写真、ハンマーを振り下ろしてるのが分かるでしょうか?
バラバラにした後更に殴るなんて悪魔の所業ですよね?
これは新しいパーツを組み上げる際、既存のBB(ボトムブラケット)が流用出来ないため、新しいモノを装着するために既存のBBを外す作業の様子です。
いやー、マジで大変だった…
男4人がかりでしつこい位にガンガン殴っても全く外れる気配無し。
ドMな私は皆が叩いてる時はニヤニヤしちゃいましたが、自分が叩く時にはゲンナリしました…
どうしてもトドメを刺せず、現場に諦めムードが漂い始め、気分転換にと男4人でマックのハンバーガーを無言で食し(フィレオフィッシュ美味かった)、「手を変えてダメならモノを変えよう」とゴム製ハンマーから鉄製ハンマーで叩く事数回。
「バゴッ!」
という鈍い音と共に外れるBB。
その場では歓喜の声とハイタッチの嵐。
しかし、
「最初からこれで叩いとけばすんなり外れたんじゃね?」
との声に一同棒立ち&レイプ目…
まあまあいいですよ!
フレームを傷付ける事なく無事に外れたんだから。
皆さん、トドメを刺す時はゴム製ハンマーじゃダメですよ。
鉄製ハンマーを一気に振り下ろしましょう!
この後も新しいBBの取り付けに若干苦労したんですが、外す作業と比べたら雲泥の差。
着々とパーツを組み上げて形になってきましたよー!

ブレーキ



当初カスタム予定はありませんでしたが、前野が以前購入して現在はお蔵入りしている”DIA-COMPE”のブレーキを御好意で譲って頂き装着。
なるほど、確かに効きが違う(気がする)。
ブレーキ効かないと公道走りの自転車としては危険極まりないので、前野からの突然の提案でしたが、とてもいいカスタムが出来ました。
尚、後述しますがブレーキシューも交換しました。

ペダル



前述のペダルは後述するパーツの適合サイズにより使用不可となりましたが、今回も同じく”Kyokuto”のラットトラップ、ビンテージ品を装着。
ギンギラギンにさりげなく、往年の近藤真彦風に仕上げました(もういいですか?)。
以前のモノより更にシンプルになっていい感じ!

チェーンリング & クランク



今回の目玉カスタムその1がチェーンリング(スプロケット)とクランクの交換。
ずーっとずーっと欲しくてネットオークションでしばらく探してようやくゲットした”REDLINE”のチェーンリング。
ようやく念願叶って装着となります。
このチェーンリングを装着する事により、前述したBBやペダル、既存のクランクが使用出来なくなりますのでBBとペダル同様、クランクも新しく”REDLINE”純正品を購入。
真っ黒い塗装を塗装剥離剤(劇薬)にて根気良く剥がし、前野の知り合いにメッキ加工して頂くという途方もない工程を経ての装着に感動すら覚えました。
BMXだけでなく、チェーンリングは自転車の1番目立つパーツ。
「突きつめていくとシンプルなモノに行き着く」という、何処かの会社のCEOだった人(信者の方ごめんなさいね、貶してる訳じゃないですよ)が残した名言の様に、シンプルだけど存在感のあるモノを装着する事が叶いました。

ホイール



今回の目玉カスタムその2はホイール。
“SKYWAY”のTUFF WHEELというプラスチックホイールを装着!
当初プラスチックホイールには全く興味無かったのですが、オールドBMXの写真集やウェブサイトを眺めているうちに装着したくなった一品。
現行品は2本フィンで耐久性はアップしていますが、1本フィンの方がシンプルでオシャレなイメージ。
ただ、20インチ用だと1本フィンは腐る程あるんですが、24インチ用の1本フィン、そして白ってなかなか出て来ないんですよねー…
これも根気良くネットオークションで見つけて入手に成功しました(定価の半額で落札出来てラッキーです)。
俗にプラスチックホイールはブレーキの効きが甘くなると言われておりますので、同じく”SKYWAY”のブレーキシューも装着。
このホイールを装着する事によって、全体の見た目が激変しました。
まさに狙い通り。
いい意味でオモチャっぽい見た目になり、自分のキャラ的にもこの方が似合ってると前野達にも言われました。
今後使用していくと汚れが目立ってくるでしょうから、こまめなお掃除が必要になるでしょう。
でもいいんです。
そうやってモノに愛着が湧いてくるんですから。


そして完成!!!

全体像



どうですかー?
美しいでしょー?
カッコ良いでしょー?
可愛いでしょー?
ノーマル時の写真と比べると、ビジュアル的に相当変化したのがお分かりかと思います。
BMXは、その特性上限りなくシンプルな作りになっていますので、その分ちょっとしたカスタムを施すだけで全く違う顔になるのが堪らなく楽しいです。
その昔MTBなども所有していた時期がありますが、ここまでカスタムにはハマらなかったなー。
BMXって走行する事と同じ位カスタムに夢中になっちゃいますね。
私の好みもキャラ的にも「カッコ良いど真ん中」のMTBやロード、ピストは似合わないと自覚しているので、とことんBMXを弄り倒す時間は堪らなく楽しいものです。

ドヤ顔どうぞ



オーナー様と愛車です。
満足そうな、恍惚の微笑みですねー。
自宅に戻ってからも自転車を眺めてニヤニヤしながらファンタを嗜んでおります(当方下戸)。
私のBMXは今回のカスタムでだいぶ満足のいく仕上がりになりました。
今後はカスタムしたとしても、(好みが大幅に変わらない限り)前述の通りステムやグリップ程度でしょう。
前野とも話しましたがある程度完成系が見えてくると「娘が嫁にいっちゃった感」で若干虚無感に襲われます…
しかし、今回はそれを上回る満足感!
カスタムを全面バックアップしてくれた前野には本当に感謝しています!!!
ありがとう、前野。
ステム良いのあったら
「これ、買っときなさい」
と上から目線のご提案お待ちしております。
自転車弄りは本当に堪んないねぇ!


2016.01.04追記

このエントリーしてからだいぶ時間が経っていますが、未だ当Blogで一番アクセスの多い記事のようです。
この記事の後にもカスタムを施しておりますので、今更ながらご報告。

ステムをNITTOのMX-2に

過去完売して絶版になっていたNITTOのMX-2が若干フォルムを変えて限定復刻されたので装着してみました。

ファイル 2016-01-04 10 16 27


ファイル 2016-01-04 10 17 18


グリップをOAKLEYのB-1Bに

entrance / exit – 太くて長くて硬いモノ


上記にエントリーしていますが、グリップをOAKLEYのB-1Bにしました。
以前のVANSでも良かったのですが、いかにもBMXらしいマッシブ感が欲しくなったため。
同品は生産中止されているため、eBayにてデッドストック品をゲット。

ファイル 2016-01-04 9 59 01


ファイル 2016-01-04 9 59 28


ペダルをHUTCHのラットトラップに

以前は丸いフォルムのペダルはあまり好みではなかったのですが、人の好みは変わるもの。
デッドストック品の同品を購入して装着してみました。

ファイル 2016-01-04 10 00 26


ファイル 2016-01-04 10 00 43


ファイル 2016-01-04 10 01 08


現在の愛機

ということで2016年1月現在僕の愛機はこんな感じになっています。
今後もカスタム次第この場でアップデートしていきます。

ファイル 2016-01-04 10 01 55