十数年乗ったトヨタランドクルーザープラドを手放してトヨタエスクァイアを購入しました

十数年前に購入して乗り続けたトヨタランドクルーザープラド。
車に無頓着な僕ですらこれだけ乗ってると愛着も湧くものですが、諸々のタイミングが重なり買い替えることになりました。
ありがとうプラド。
こんにちわエスクァイア。





まずは前置きのお話

僕の父は某有名カーディーラーに勤務しています。
「某」と書いてますが僕の所有している車でそれが何処か分かると思います、というかトヨタですはい。
そんな環境で育ったので、小さな頃から車というものが普通のご家庭以上に身の回りに当たり前のように溢れ過ぎていて、父には申し訳ないんですが、正直僕の興味・関心は車というモノには向かいませんでした。
車を買わなきゃいけない年齢になると、当然父がそのお世話をしてくれるんですが、選択肢は当然トヨタ車、しかも父が勤務する店舗で扱える車種という縛りがあります。
厳密にいうと同じトヨタであれば系列店(ネッツとかトヨペットとかね)で扱う車種も買えるようなんですが、金額的に圧倒的な開きが出来ますから、父の勤務するカーディーラーから買ったほうが断然お得なのです。
まあ縛りがあるとは言っても、中途半端なメーカーではなく天下のトヨタ車な訳ですから、全く文句は無いんですが。

ちなみに父は一介の営業からお偉いさんにまで上り詰めた相当やり手の男のようで、業種は違えど同じ営業を生業とする僕にも、もうちょっとその才能を分けてもらえてたらなあと感じている次第です。
現在父はトヨタクラウンアスリートの黒塗りハイブリッド車に乗っております。
僕が「ヤクザ車」と揶揄していたら、子供達まで「じいじのヤクザ車」と茶化すようになってしまい、その度にじいじは苦虫を噛み潰したような顔をしています。
ここまでが前置きです。


十数年連れ添ったランドクルーザープラド

そんな父に斡旋されて、僕が初めて買った車がランドクルーザープラドの3ドア車。
前述のように、あまり車に関心のない僕の希望は「ちゃんと走って、ちゃんと曲がって、ちゃんと止まって、ある程度荷物の詰める車」というスーパーアバウトなもの。
でもそんな僕の希望を聞いて父が探してくれたのは、車にあまり関心が無い男にはもったいないくらいの車でした。

それなりに車体はデカイのに案外小回りが利くヤツで、それこそどんな悪路でも全く問題なく走行することが出来ました。
その安心感たるやハンパなかった。
プラドに乗っていろんなところに行ったなあ。
納車当日にスノーボード突っ込んでスキー場に行ったり、結婚前の妻とFUJI ROCK行ったり、ライブ機材突っ込んで自分が出演する山の中のフェス行ったり、そしてキャンプ道具パンパンに積んで家族でキャンプ場に行ったり。
あまりにも長い期間乗り過ぎていましたから、僕をご存知の方は僕が乗ってる車といえばすぐにプラドが思い浮かぶと思います。
車に興味・関心が無いとは言いましたが、プラドは僕の最高のパートナーでした。

IMG_9639
なんだかんだ言いながらも気に入ってたランドクルーザープラド


変化するライフスタイルと愛車プラドがマッチしなくなってきた

実は内心気に入っていたプラド。
僕の青春はプラドと共に駆け抜けたんですが(←なんかカッコ良くないですか?)、購入後十数年も経つと僕のライフスタイルにも変化が現れます。

一番大きな変化は結婚して家族が増えたこと。
車高が高く、かつ3ドアのため、子供達の後部座席への乗り込みが不便で仕方なくなってきました。
そして3ドアの弊害か、車長が短いため後部座席が結構狭い…
この先子供達が大きくなったら後部座席からクレームの矢が突き刺さること必須です。
さらに、以前東京ディズニーランドに遊びに行った際、同じく父から斡旋してもらった弟所有のトヨタエスティマを借りたんですが、その時の乗り心地が快適過ぎたんですよね。
妻と子供達も同様のようで、エスティマの後部座席で踏ん反り返って寛いでました。
弟に返すときも
「えー、返しちゃうのー???」
とのたまう始末…
うん、やっぱミニバン良いよね…
こうして我が家の中でプラドの分が少しずつ悪くなっていきました。

そしてプラドを購入した頃と比べると、僕の仕事にも変化が現れます。
購入した頃はペーペーだった僕も、一端の営業マンになりました(未だペーペーだったら申し訳ございません)。
仕事量が増えると必然的に直行・直帰が増えます。
日々会社から与えられた営業車に乗って直行・直帰、いわゆる社畜ってるため、週末しかプラドで帰宅出来ません。
十数年所有しているのに、本日現在のプラドの総走行距離が「139970km」という数字が、どれだけプラドに乗ってないのかを如実に表しています(正確にはこのプラドはワンオーナーが1年間2万km乗った後に払い下げてもらった新古車なので、差っ引くと僕が乗った距離は11万km程度です)。
アベレージ年間1万kmも乗っていない計算です。
そのくせ車両登録から長期間経過してますから、毎年の自動車税はガン上がりのストップ高。

おまけに燃費は最悪レベルです(異論認めない)。
SUV車に燃費を求めるのは筋違いなのは充分理解しています。
でも何度でも言います、燃費最悪と。
平日は営業車に乗ってますからいいものの、出勤や帰宅に毎日プラドを使ってたら維持費がとんでもないことになるぞと。

結構ディスってしまいましたが、これは本意ではありません。
誤解して欲しくないんですが、間違いなくプラドは良い車です。
さすがに外観は色あせて歳取った感じになってきましたが、足回りなんかは全く壊れる気配すら見せず、正直まだまだ乗れます。
この辺はさすがトヨタの車って感じです。
でも変化した僕のライフスタイルに、プラドという車の性格がマッチしなくなってきました。
都会であれば車を手放すという選択肢の方が賢いのかもしれません。
でも田舎の山形で車を手放すというのは自殺行為に等しい所業。
車がなかったら生活できないという言葉は、決して大げさではありません。
ただねー、車ってお高いでしょー?
そんなポンポン買えるモノでもないですし、妻の車を買い替えなければいけない状況でもあったため、上記のような多少のモヤモヤはあったものの、根底が車に関心がない男なため自分の車はプラドでいいと思ってました。
というか、自分の車を買い替えることすら全く考えておりませんでした。


天才営業マンの父の剛腕っぷり

妻の車を探してもらっていたのも当然父。
「両側スライドドア必須」との妻の希望に、トヨタの子会社ダイハツの人気車、ムーヴキャンバスを父は妻にプレゼン。
車種はコレに決定、あとはグレードやオプションを選ぶという段になり、父上が僕にこう仰った。
「お前も車買え」

えっ!?
なになに?
いきなり訳わかんないんですけど??
前触れなしにサラッと言ってますがどういうことですか???
ちなみに車種は何なのかを聞くと開口一番
「エスクァイア」

トヨタ エスクァイア

エスクァイア(Esquire)は、トヨタが2014年から生産、発売を開始した7-8人乗りのミニバンです。
5ナンバーサイズミニバンである同社のノア/ヴォクシーをベースに「上質感」と「上級感」、そして「高級感」を持たせることを目的に開発されたとのこと。
正直この車なら最近プラドで感じていたミスマッチ感は解消されます。
でも突然降って湧いたこのお話、身内を疑うわけではありませんが、何か裏があるんじゃないか、何かいわくつきの車をつかませる気かとほんの少し疑って、詳しく話を聞きました。

2017年7月にノア・ヴォクシー・エスクァイアはマイナーチェンジが施されました。
当然販売店ではマイナーチェンジ後の新しい展示車や試乗車が必要になります。
そうなると今までの展示車・試乗車がダブつく、それを買えと。
いわゆる「試乗車落ち」ってやつらしいです。
おー!
それは素晴らしい!!!
父上疑ってすいませんでした、全く裏もいわくもございませんでした。
というか身内でなければこんな話頂けませんでした。
僕は新車至上主義とかではありませんから全く問題ありません。

でもでも気になるのは金額です。
妻の車と2台同時契約ってのはどうなんだろう?
親子間では腹の探り合いなども皆無、「で、おいくら万円?」とドストレートに聞いたところ、父上追い打ちをかけてこう仰った。
「◯◯◯万円」

!!!
立直一発自摸満貫。
買う。
即決。
普通に考えたら父の社内で減価償却費で査定するんでしょうけど、車両登録からの年数(3年弱)と走行距離(7530km)を加味しても中古車市場でこのクラスのこの金額はまずありえません。
グズグズ悩む金額でもありません。
てか悩んでる間に他人がご成約とかムカつくしな。
交渉0分、ニコニコ現金払いでエスクァイア契約と相成りました。

おそらく父は、最近の僕のライフスタイルとプラドのミスマッチ感を感じ取っていたんでしょう。
その嗅覚と、自社の試乗車の動向を注視して最良のタイミングと金額で提案してくるあたり、父の営業マンとしての剛腕っぷりをまざまざと見せつけられることになりました。
その後妻のムーヴキャンバスもご成約。
2台合わせてもありえないくらいお得なお買い物をさせて頂きました。


ありがとうプラド、こんにちはエスクァイア

という訳で本日エスクァイアが納車されました!
と同時に長年連れ添ったプラドに最敬礼してお別れです。
昨日の夜、帰宅する際ちょっとだけ遠回りしてプラドと最後のドライブをしてきました。
プラドが引き取られる時は、その姿が見えなくなるまでお見送り。
このときばかりはさすがにこみ上げてくるものがありました。
ありがとうプラド、世話になったね!

そして視線は新しい相棒へ向けられます(←薄情とか言うな)。
良いねぇ、エスクァイア。
白いボディが眩しいねぇ。
今のトヨタの流行りなのか、デカめのフロントグリルがアクが強くていい感じです。
さすがに試乗車だけあって普通の中古車とは違い、整備の状態も完璧、室内も綺麗、何気にオプションも結構ビルドインされてます。
早速家族を乗せて軽くドライブしてきましたが、運転がすっごく楽です。
視界も広く、車内も広く、燃費も良好。
子供達の乗り込みも楽チンそうですし、サードシートを跳ね上げてしまえば巨大な収納空間が現れます。
ライブの機材やキャンプ道具、ガンガン入れてもまだ余裕がありそうな感じがします。
ロードノイズも全然少なくて、ドライブ30分後には助手席の妻は夢の中へとドライブしにいってしまいました。
このボディサイズだと車庫入れも簡単。
全く不満がありません。
いい買い物が出来たと父に最敬礼!
早速来週末、友人家族とキャンプに出かける予定でしたので、どれくらいのポテンシャルがあるのか試したいところ。
今後はエスクァイアが僕のパートナー。
家族を乗せて、荷物を乗せて、いろんな思い出を一緒に作っていきたいです。
エスクァイアも十年以上乗るぞー!

IMG_9640
今日からキミが僕の相棒!

IMG_9637
妻のムーヴキャンバスと。2台同時購入という愚行。